FC2ブログ

Neko

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

無線LANが安定しない時の対策 

私は、古い無線LANルーター『CG-WLR300N-U(USB子機セット)』という、まだ 11n 規格の 300Mbps(理論値)が本格的に普及する前に発売された機種を使っているのですが、300Mbps 接続で安定して使用できるようになるまで試行錯誤の繰り返しで大変苦労しました。

他の機種の無線LAN親機・子機をお使いで安定しないという方でも、参考になる対策方法があると思いますので、今回は自身で実践して安定化に効果があった対策方法を紹介します。


●チャンネル設定を手動で設定する

親機の設定画面を開き、『無線アクセスポイント設定』で「チャンネル」を「自動」から手動で任意のチャンネルに切替えて設定を反映するといった手順を繰り返し、安定するチャンネルを探し出します。
チャンネル設定は、ご近所から飛んでくる無線ルーターのチャンネルと干渉しないように設定するのが基本ですが、私の環境では、300Mbps 接続時、電波の干渉関係無しに「3」チャンネルでのみ安定しました。
チャンネル設定


●無線LAN子機のドライバはチップメーカーのドライバを使う

まずは、ご自身が使用されている子機に使われているチップ名を調べ、その後チップメーカーのサイトで適合するチップのドライバをダウンロードして、旧ドライバを削除後インストールします。
私が使用している子機は『CG-WLUSB300GNM』でチップは「Ralink RT2870」が使用されており、チップメーカーのサイトよりダウンロードしました。
この対策で、ネット使用時に勝手に切断されることが、ほぼ無くなりました


●無線LANの接続にはWindows標準の接続機能を使う

無線LAN付属の接続ツールが原因で無線LAN接続が不安定になる事があるので、付属のツールをアンインストールして Windows 標準の接続機能を使用します。
この対策で、PC 起動時の無線LAN接続の失敗や子機を認識しない現象が改善されました
※ほとんど使っている人はいないと思いますが、Windows XP 標準の無線LAN接続機能は、私の経験上不安定になるイメージがあるので、Windows 7 以降での使用をオススメします。


以上の方法で安定しない方は、他に原因があると思われますので、こちら のサイトを参考にしてみて下さい。


↓参考になりましたらクリックお願いします↓




スポンサーサイト



Posted on 2014/09/04 Thu. 01:36 [edit]

category: 周辺機器

thread: PC周辺機器  -  janre: コンピュータ

TB: --    CM: --

04