FC2ブログ

Neko

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

本日 Windows XP サポート終了 

いよいよ本日 4月9日 に Windows XP のサポートが終了します。

まだ XP をメインにお使いの方は、対策はお済みでしょうか?


主な対応策として

・新しく PC を買い替える
・Windows 7 / 8 または Linux などの OS に乗り換える

などがあると思いますが、中には XP のまま使い続ける方もいると思います。


XP を使い続ける場合には

・サポート終了後、Windows や セキュリティソフトの更新を最終的に行った後は、インターネットに接続しない
・『USB メモリ』や『外付け HDD』など外部ストレージを接続する時は、事前にウィルスチェックを行う

などの対策が必要となり、使い道がかなり制限され、XP 機は物置でほこりをかぶっている方も多いと思います。


そこで、私の XP 機オススメ活用法は『地デジ録画再生機』として利用する事です。

ただし、普通の地デジチューナーとメーカーが用意したソフトを利用して使用する場合には

・デュアルコア以上の CPU(機種によっては Celeron D 3.20 GHz 同等以上)
・768MB ~ 1GB 以上のメモリ
HDCP に対応したビデオカード(または内蔵ビデオチップ)及びモニタ

といった条件が必要になってしまい、Windows 7 / 8 が使えそうなスペックが必要になってしまいます。


そこでオススメなのがフリーの視聴ソフト『TVTest』+ 予約録画ソフト『TvRock』+『TVTest 対応の地デジチューナー』を利用することにより、HDCP に対応していない古く低スペックの PC でも録画再生が可能になります。

私の所有 PC では、『Celeron 1.4GHz』(Pentium 3世代)+ 『FIRE GL X1』(RADEON 9700 Proと同等品)でも録画再生可能でした。
※リアルタイムで地デジを視聴する場合は少し厳しいですようですが、Pentium M 1.7GHz の ノートPC で確認したら問題無いようでした。

ただし、『TVTest』を利用する場合はグレーゾーンとなりますので、残念ながら詳しく書けません。

『TVTest』で検索すればたくさんの情報が出てきますので、利用する場合は自己責任でお願いします。

また、『TVTest 対応の地デジチューナー』には複数の機種がありますが、現在では入手困難な機種もあり、ソフトの設定もある程度の根気が必要になりますが、一度環境を整えてしまえば、かなり快適な地デジ環境になりますよ。


↓参考になりましたらクリックお願いします↓


クイックサン ネットブックでハイビジョン USB地デジチューナー QRS-UT100B リモコン付属

新品価格
¥9,800から
(2014/4/9 00:19時点)



アースソフト PT2

新品価格
¥16,500から
(2014/4/8 23:44時点)



PT3 Rev.A

新品価格
¥10,000から
(2014/4/8 23:46時点)




スポンサーサイト



Posted on 2014/04/09 Wed. 00:25 [edit]

category: 地デジ

thread: パソコン関連お役立ち情報  -  janre: コンピュータ

TB: --    CM: --

09

ブラビアで USB ハードディスクに録画した番組の引っ越し方法 

現在ソニー ブラビア(SONY BRAVIA KDL-40EX720)に接続している USB ハードディスク(旧 HDD)の録画データを新しいハードディスク(新 HDD)へ引っ越し(バックアップも可)に成功しましたので、その手順をご紹介します。

なお、ブラビアで 「USB ハードディスク」に録画した録画ファイルは、PC に直接接続して PC の方にも保存は可能ですが、直接視聴したり、編集したりといった事はできませんので注意が必要です。


●前準備
今回の方法ではファイルのコピーに『Linux OS』を使います。『Linux OS』を PC で使える環境が準備できない方や『Linux OS』って何?という方は、事前に こちらこちら の手順を参考にして『ライブ CD』を作成しておきましょう。


1.まずは『新 HDD』をブラビアの USB ポート(HDD録画端子)に接続して 登録/初期化 を行い、『新 HDD』がブラビアで使用できる状態にします。
※設定方法が分からないという方は こちら を参考にして下さい。


2.『新 HDD』と『旧 HDD』両方を PC の USBポート に接続し『Lubuntu ライブ CD』を立ち上げます。
ブラビアから HDD を外す時は こちら を参考にして慎重に行いましょう。
※Pentium M 搭載機(PAE 非対応)などが原因で Lubuntu が立ち上がらない場合は、こちら のページを参考にして 他の『Linux OS』で試してみましょう。


3.Lubuntu が立ち上がったら、左下のフォルダの形をしたアイコンをクリックして「ファイルマネージャ」を開きます。

Lubuntu ファイルマネージャ



4.「ファイルマネージャ」を開くと『旧 HDD』、『新 HDD』それぞれ3つに分かれていて、それぞれに1つずつフォルダが入っているのが確認できると思います。
そこで『旧 HDD』のフォルダの中身をすべて『新 HDD』のそれぞれの同じ名前のフォルダにコピー(上書き)します。
※録画されている容量によっては、かなり時間がかかりますが、3つともそれぞれのフォルダへコピーを行って下さい。


5.Lubuntu をシャットダウンして『新 HDD』をブラビアに接続し、『旧 HDD』と同じ録画番組が再生できるようになっていれば成功です。


最後に簡単に説明しますと、『新 HDD』をブラビアに 登録/初期化 させて『旧 HDD』のファイルをすべてコピーするだけの作業ですが、ブラビアで利用されているハードディスクのフォーマット形式が Windows で対応できず読み込めない為、対応した OS(Lubuntu)でファイルのコピーを行っています。


2014/04/11 追記
DTCP-IP』機能対応のテレビ(ブラビア、レグザ、アクオス、Wooo など)で録画した番組を PC で見たり、PC でブルーレイディスクに保存したい場合は こちらこちら のサイトを参考にして下さい。


↓参考になりましたら、クリックお願いします↓



DiXiM Digital TV Plus [ダウンロード]

新品価格
¥5,695から
(2014/4/11 21:57時点)



DiXiM BD Burner 2013 [ダウンロード]

新品価格
¥6,648から
(2014/4/11 22:07時点)




Posted on 2014/03/15 Sat. 00:22 [edit]

category: 地デジ

thread: パソコン関連お役立ち情報  -  janre: コンピュータ

TB: --    CM: --

15